DDRのマットコントローラーをPCで接続できるように改造する


※1/13 追記(クリックで移動)


DDRのマットコントローラーの中古が、水戸駅近くのゲーム売り場の中古コーナーで100円で得られてたので買って見ました。

俺はPSをもってないので、PCでUSBで繋げて使えるように改造することにしました。

改造の内容…ジャンクのゲームパッドをHackし、スイッチ部を延長。それをDDRマットに接続。ついでにLED表示も付けてみた


必要なもの

  • DDR マットコントローラー
  • 不要なゲームパッド
  • ケーブル
  • 2SC1815 4つ
  • ゲームパッド キー割り当てソフト (俺はJoyToKey
  • 以下、LEDを付ける場合に必要なもの
    • LED 5つ
    • 抵抗 200~500Ω程度

改造方法

  1. とりあえずマットコントローラーの上の黒い部分をバラす
  2. ゲームパッドをバラす
  3.  マットコントローラーをパターンカット・配線カット
  4. マットコントローラーとゲームパッドを接続
  5. LEDを付けるためのケース加工
  6. LED配線
  7. ソフトを設定

 マットコントローラーの上の黒い部分をバラす

 マットコントローラーをパターンカット・配線カット

こんな基板が出てくる。

赤く線を引かれた部分をパターンカット。PSにつながるケーブルも邪魔なので切断。

ゲームパッドをバラす

マットコントローラーとゲームパッドを接続

LEDを付けるためのケース加工・LED配線

(2011/12/31)とりあえずここまで書いた。そのうち追記すると思う・・・。

コミケ帰りの常磐線で書きましたw

次は、ArduinoとV-USBを使ったコントローラーつくってみたい


(2012/1/13 追記)

ちなみにこのマットの接点の接触抵抗は、8~6kΩ程度ほど。マットの状態(荒く使われたものなのか、古いものなのか、とか)にもよるかも。

DDRマットには三種類あるとか

  • 専用コントローラー
  • 専用コントローラー2
  • 専用コントローラーデラックス

俺のは「専用コントローラー2」です。

↓に、違いについて書いてあります

今更DDRの楽しさに気付いた俺達のWiki - 家庭用

むりやり回路図にしてみた。

※新しいウィンドウ・タブで開く

回路図はクリックで拡大できるはずです

水魚堂さんの回路図エディタ、便利ですね

コメント返信:

>sark

>中々にCoolな感じだ

マットの中央に「Stay Cool!」って書いてあるしな

>セク山

>凄い!私も作ります!
>…実機と同じぐらいに感度をあげるなどは出来るんでしょうか?パッドは反応悪いですよね・・・?

マットの状態にもよると思いますが感度はかなり良いですよ。もしかしたら筐体よりフリーズアロー切れづらいかも。

ただ、裏に板を貼ったりとかの改造をしなければ使いものにならないかと。「DDRマット 改造」とかでぐぐってください。

.

DDRのマットコントローラーをPCで接続できるように改造する” への2件のフィードバック

  1. 凄い!私も作ります!
    …実機と同じぐらいに感度をあげるなどは出来るんでしょうか?パッドは反応悪いですよね・・・?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中