SunFire T2000でSolarisからCPU温度を表示する

ZabbixでT2000の温度を監視したかった。
結果が返ってくるまで10秒くらいかかるので注意。Zabbixの場合はServerとAgentの設定ファイルのTimeoutを10以上にする必要がある。

#!/bin/sh

if [ $# -ne 1 ]; then
        prtpicl -v -c temperature-sensor | awk '$0~/Label/ || $0~/:Temp/ {print $2}'| awk '{if(NR%2)ORS=" ";else ORS="\n";print}'
        return 0
fi
prtpicl -v -c temperature-sensor | awk '$0~/Label/ || $0~/:Temp/ {print $2}'| awk '{if(NR%2)ORS=" ";else ORS="\n";print}' | grep "$1" | awk '{print $2}'

実行例:
引数なし

$ ./temp.sh
T_CORE 71
T_AMB 39
T_TCORE 58
T_BCORE 59
T_AMB 34
T_AMB 27

引数あり

$ ./temp.sh T_CORE
71

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中