アルコール燃料でガソリンエンジンを動かす

ガソリンのかわりにアルコール(イソプロピルアルコール)を燃料として使えるかどうか、ガソリンエンジンの発電機で実験した。

結果

  • 始動性が最悪
  • 吸気を手で塞がないと始動しない(チョーク引くだけでは無理)
  • 何十回と始動操作を繰り返せば始動するけど1分くらいで勝手に止まる
  • 上記の理由により実用性がない、使用不可

考察

  • 始動性が悪いのはアルコールの引火点/発火点が高いからだと思う
  • 理想空燃比が違うのでアルコールを燃料として使うときは空燃比をリッチにしないとダメそう(常時チョーク引きっぱなし)
燃料引火点(℃)発火点(℃)理想空燃比
イソプロピルアルコール1245010.4
ガソリン-4030014.7

結論

  • 冬はアルコールのみでガソリンエンジンを動かすことはできない
  • 夏ならできるかもしれない
  • ガソリン併用すればできるかもしれない
    • 始動時のみガソリンを使う、始動したらアルコールに切り替える
    • アルコールとガソリンの混合燃料

実験条件

  • 気温 10℃
  • 燃料:イソプロピルアルコール100%
  • エンジン:ホンダEU9i
一斗缶は誤家庭感がある

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中