Windows 10の記憶域プール

Windows Serverの記憶域プールには、「記憶域階層(Tiered Storage)」という素晴らしい機能があります。
Tiered Storageは、HDDとSSDをRAID0みたいに組み合わせて1個のボリュームとして扱います。ファイルの利用頻度をもとに、よく使うデータは高速なSSD・あまり使わないデータは遅くて大容量なHDD、といったようにOSが自動でデータを配置してくれます。
ZFSのL2ARC、Linuxのdm-cache、AMD StoreMI、Intel RSTみたいなやつです。
StoreMI/IRSTと異なり、CPUメーカー変更したときでも問題なく動きます。 Windows入ってるPCならIntelだろうがAMDだろうが問題なく動作します。 OSの機能なのでソフトウェア入れる必要もないです。
コイツをWindows 10で使う方法について。 (具体的な手順は面倒なので書きません。自分で調べて)

結論

  • Windows 10ではPowerShellでコマンドを叩けば記憶域階層(Tiered Storage)を作れる
  • 記憶域プールのミラー/パリティはReFSと組み合わせて使うとデータが壊れにくくなる
  • Tiered StorageはReFSと組み合わせて使うと速くなる
  • シンプルボリュームはReFS使うメリットほぼないのでNTFSでいい
  • Windows 10ではReFSフォーマットができない(10 Pro for Workstationsなら可能)
  • フォーマット済のReFSボリュームの読み書きは可能
  • 重複排除されたボリュームはWindows Server専用となる。Windows 10で読み書きすることはできない
続きを読む “Windows 10の記憶域プール”

Xilinx Vivado: XPM FIFOマクロのPROG_EMPTYが使えない

症状

xpm_fifo_async,xpm_fifo_syncの、prog_emptyピンの出力が0に固定される。PROG_EMPTY _THRESHで設定した値を超えても1にならない。

解決法

USE_ADV_FEATURES"0000"になっていた。
USE_ADV_FEATURES"0707"に変更する。

> USE_ADV_FEATURES  文字列型
> デフォルト値 "0707"
> data_valid、almost_empty、rd_data_count、prog_empty、underflow、wr_ack、almost_full、wr_data_count、prog_full、overflow をイネーブルにします。

"0000"だと、これらの機能が無効化される。"0707"だと、すべての機能が有効化される。
"0707"ですべて有効がデフォルトになってるはずなのに"0000"がセットされてた。なんで?

車のスピーカー交換とデッドニング

車のオプションをケチったせいでリアドアにスピーカーが付いてないので、どうにかしないとなあと購入時から思っていた。
カローラって7インチナビだとリアスピーカー付いてないんですよ。9インチナビにするとリアスピーカーが付いてくる。
なので、フロントスピーカーを高級品に交換して、余った純正スピーカーを後ろにつけることにした。

せっかくスピーカー交換するならデッドニングもやらないとなあ?と思ったので、前後ドアのデッドニングもやっておいた。作業は丸二日かかった。

  • 施工日 2022/1/8, 1/10
  • 総走行距離 19500km
続きを読む “車のスピーカー交換とデッドニング”