Ryzen 5 3600のクロックを下げる

BOINC(Rosetta@home,WCG)とFolding@homeを回しているPCのCPUクロックを下げて、電力消費量を下げようと考えた。

AMD Ryzen 5 3600の動作クロックに対する電力消費の関係を示すグラフ

CPU使用率100%フル負荷のRyzen 5 3600の最高動作クロックの設定を変えながら消費電力がどう変化するのかを調べ、グラフを作った。

処理速度は動作クロックに比例するという前提を置けば、動作クロックが3.0GHz~3.2GHzの範囲が最も電力効率が良いと考えられる。2.8~3.5GHzの範囲で設定するのが良いと思います。

Windowsの場合は、電源オプションの「最大のプロセッサの状態」を、クロック3.1GHzに相当する87%に設定するのが最も電力効率が良い。私は性能をあんまり落としたくなかったのでクロック3.45GHzに相当する97%に設定した。

続きを読む “Ryzen 5 3600のクロックを下げる”

Ryzen 1700Xのサーバーを組んだ

所属している大学の研究室で、仮想環境ホスティング(Hyper-V)のためのサーバーを買うことになりました。話題のAMD Ryzenを使ってみたかったので、Ryzenで構成案を出したところ採用され、めでたくRyzenマシンとなりました。

私の考えるRyzenの最も大きな特徴は「ECCメモリー対応」という点です。サーバーならECCメモリーは必須だよね?

構成

  • AMD Ryzen 7 1700X
  • ASUS Prime X370-Pro
  • RAM 32GB DDR4-ECC
    • CenturyMicro CD16GX2-D4UE2400
  • SSD Crutial 480GB
  • SSD Intel M.2 256GB
  • HDD HGST 4TB x2
  • Seasonic SS-760XP2S
  • Antec P280
  • GeForce GTX770
  • Pioneer BDR209BK/WS
  • Intel GbE DualPort NIC PRO/1000 PT

続きを読む “Ryzen 1700Xのサーバーを組んだ”

2TBを超えるHDDをPCで使う話(GPTとMBRについて)

かんたんな説明

2TBを超えるHDDをPCで使う話。
OS起動用に使いたい場合、ややこしい条件がある
OSを入れない、データ用ならほとんどすべてのPCで使える

つまり、
データを保存する用に増設するなら安心して購入してOK
OS用に2TB以下のHDD+データ用に2TB以上のHDDをつなげるのもOK

結論

  • 2TB超のHDDにはGPTが必須
  • GPTのHDDを読み書きするためにはGPTの読み書きに対応したOSが必要
    • 現在広く使われているOSはほぼすべて対応している
  • GPTのHDDからOSを起動するには”UEFI対応マザーボード”と”UEFIからの起動に対応したOS”が必要
    • 第四世代Core iシリーズ(Haswell)以降のPCはUEFIにほとんどすべて対応している
    • Windowsは64bit版はUEFI起動可能、32bit版はUEFI起動不可
  • 古いチップセット・古いSATA-USB変換機を使うときに2TB超のHDDが正常に使えないことがある
    • かなり珍しい現象なので基本的に心配しなくてよい

続きを読む “2TBを超えるHDDをPCで使う話(GPTとMBRについて)”