「NEC F17W21」をDVI端子で使えるように改造する

こんなディスプレイです。画面の大きさは17.5インチワイド、1280×768です。

始めてのワイド液晶です。ワイド液晶って見やすいですね。

分解

分解の方法を書いておきます。

1.一番上の部品を外す

一番上の部品を左にスライドさせます。

ちなみに俺は力加減を間違えて(上方向に力を入れた)この部品を折りましたw

接着剤でくっつけて使ってます。折ったあとに写真を撮ったので補修の跡が写真に写ってます。

2.裏のカバーを外す

ここはマイナスドライバーと手でエイヤッと外してください。

結構大きな力が要ります。

3.鉄製のカバーなどを取り外す

足の部分のプラスチックカバーや基板を覆っている鉄製のカバーなどを外します。

専用30ピン端子とDVIの変換

このディスプレイには、写真のNEC独自(富士通でも使われてたようです)の30ピンのコネクタ(以下「30ピン端子」)が使われています。

このコネクタはこのままでは一般的なPCに繋げません。DVIに変換する必要があります。

こんな感じの変換ケーブルを作ってそれで繋げました。

ちなみに、30ピン端子は分解して現れる基板上の端子に接続します。

必要なもの

DVIケーブル 一本

両端に30ピン端子が付いたケーブル 一本

  • このディスプレイを分解すると入手できる。
  • ディスプレイ内にコネクタがあり、そこに30ピン端子の片方が繋がれている。

ユニバーサル基板

  • 穴の数で16×8以上あると良い。

配線材

  • 余ったディスプレイケーブルから取り出して入手。

適当なケース

  • フリスクのケースを使用。

1.分解して両端に30ピン端子が付いたケーブルを取り出す

分解を進めていくとメインの基板に接続されています。それを取り外してください。

2.DVIケーブル、30ピン端子ケーブルをそれぞれ二つに切る

長さは好みで。

このとき配線材を余ったケーブルから取り出しておくとよい。

3.ピンアサイン・線に対応するピン・ノイズなどに気をつけながらユニバーサル基板に配線

テスターを導通モードにして、中の導線が何処のピンに繋がってるか調べながら配線します。

色と、接続されているピン番号をメモしておくといいと思います。

それと、変換基板の配線は、なるべく短くなるべく同じ長さで配線してください。かなりの高周波信号が流れるので。

ノイズが入ったり、信号の通り道の長さが違うことによる信号のタイミングのズレなどにより映像が乱れたりするかもしれません。

余談ですが、コンピューターとかPSPの基板とかのCPU-メモリー間などの配線がやたらグネグネしてるのは、配線の長さを揃えてこの信号のタイミングのズレをできるだけ少なくする為です。等長配線と呼ばれています。

(DDC Clock,DDC Data,+5V,Hotplugの四本はそこまで神経質に配線しなくても大丈夫だと思います)

こんな風になりました。

DDC Clock (6) TMDS Clock+ (23) TMDS Clock+(5) DDCClock (24)
TMDS Clock- (24) TMDS Clock-(6)
TMDS Clock Shield
(22)
TMDS Shield(4)
+5V (14) Data0+ (18) Data0+(19) +5V(8)
Data0- (17) Data0-(20)
Data0 Shield (19) Data0 Shield(18)
DDC Data (7) Data1+ (10) Data1+(1) DDC Data(23)
Data1- (9) Data1-(2)
Data1 Shield (11) Data1 Shield(3)
Hot Plug (16) Data2+ (2) Data2+(15) Hot Plug(22)
Data2- (1) Data2-(16)
Data2 Shield (3) Data2 Shield(17)

基板の配線図の一例です。右にDVI、左に30ピンケーブルが接続されます。

マス一個がユニバーサル基板の穴一個に対応します。

基板に接続しない配線は以下のとおりです。

シールド・GND (15)———-GND (7,10,21,26)・シールド

以下のページを参考にしました。

ディスプレイケーブル変換アダプター配線図

配線が終わったらテスターなどでショートが無いか、きちんと導通しているか確認してください。

基板をケースに収める

フリスクの空箱に押し込みます。

接続する

30ピンの方をディスプレイに、DVIをパソコンに接続します。

きちんと映ったら、ケースを組みなおしてください。

映らなかったら、配線を確認して下さい。俺も、映らない→配線確認を何度も繰り返しましたw

その他

このディスプレイにはUSBハブとスピーカーが内蔵されています。

配線にUSBケーブル、オーディオケーブルを接続すれば使えるようになるかと思います。

参考にしたページ

F17w21モニタの開け方
NECF17W11の専用端子のモニターを通常のDV-Dデジタル端子に変換してみました。
NEC F17W11の復活
ディスプレイケーブル変換アダプター配線図

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中